名古屋発!ダイヤモンドだけでプロポーズ!成功後、婚約指輪を楽しくオーダーメード製作。彼女も好みのデザインで作れてハッピーに♪

ダイヤモンドプロポーズ

ダイヤモンドは大きさ、透明度、カラー、カット、そしてインクルージョンをしっかり確認しましょう!

ダイヤモンドの評価4Cには、カラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)の基準があります。それぞれの基準の意味を解説させていただきます。ダイヤモンドの評価は4Cで決まります カラット(Carat=重量)
カラー(Color=色)
クラリティ(Clarity=透明度)
カット(Cut=プロポーション)
以上の4つの基準の頭文字のCをとって「4C」とよばれ、 これは世界基準となっています。
1カラットを0.2グラムとした国際的な4Cの基準で ダイヤモンドの品質が決まります。
カラットはダイヤモンドの大きさ(重量)です。 ダイヤモンドルースの大きさは1カラット0.2gが世界基準で決まっています。ダイヤモンドの大きさが大きいほど輝きも増しより美しく見えます。ダイヤモンドのカラットが0.3ctだとすると 0.2g×0.3ct = 0.06g となります。この重さ0.01gの違いだけでダイヤモンドの見栄え輝きは違います。
カラット(Carat)というのは、聞きなれない言葉ですが、(1ct=0.2g)と世界基準となっております。よくある婚約指輪のカラット(大きさ)は0.3ctだとすると(0.2g×0.3ct=0.06g)ということになります。とても軽い印象ですが、ダイヤモンドの世界では、この0.01gの違いによってダイヤの形(見栄え)も変わってきます。一般的には、ダイヤモンドはカラットが大粒になればなるほど輝きも強くなるものです。(ただし、カットが同じランクの場合) ダイヤモンドはサイズが大きくなればなるほど、輝きの絶対量も増し美しく見えます。
当店では、比較的男性様一人(プロポーズ)でご来店の場合は、インパクト重視の傾向がありますので、大きさ(カラット)を重視する傾向もあります。 やはり、プロポーズのとき、少しでも婚約指輪のケースを開けたときに彼女を驚かせたいと思う気持ちがある方が多いのかもしれませんね。 大粒のダイヤを選び(0.5ct前後)サイズからくる輝きや存在感を重視するか、少々小ぶり(0.2ct前後)でも 少しでもグレードの高い品質ダイヤを選択するか。一生に一度もプロポーズですから誰でも悩みますね・・・。 ダイヤモンドが大きくなればなるほど、大変稀少で高価になります。 ダイヤモンド原石の大半は1ct未満の小粒のものですので、数少ない大粒のダイヤは大変稀 少なものとなります。 数10年前は、0.3ct以上0.5ctなど大きさ重視の方が多かったのですが、最近は一般的に小さい(0.2ct~傾向もあります。デパートですと、0.2ct~0.25ctの商品が多く見られ、ブライダル専門店でも0.3ct~0.4ctが多くみられます。710
基本的なダイヤモンドの4Cがわかったところで選び方はこちら
クラリティは透明度(内部の状態)を表します。
クラリティ(透明度)は、天然ダイヤモンドには発掘された状態から含まれていたインクルージョン(内容物)がどのような状態になっているかでランク分けされています。天然石には微細な内包物(インクルージョン)が含まれて います。もちろんダイヤモンドにもインクルージョンが 存在します。10倍の顕微鏡で見て このインクルージョンの有無や大きさ、位置、などなど 総合的に判断して評価され、インクルージョンの無い物 は良質とされ、希少性が高く、価格も高くなります。
クラリティグレードの評価は、宝石(ダイヤモンド)鑑定機関が10倍に拡大検査してインクルージョン (包有鉱物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断して行われます。
グレードは、Fl、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3と段階的に評価付けされますが、左から右へ ゆくに従ってダイヤに含まれるインクルージョンが目立つものとなります。
クラリティSI1~VSクラス(VS1、VS2)がお勧め 選び方と致しましては、VS2以上であれば裸眼で見ていただいてもぱっと内包物が目立つというものではありません(クラリティー表でも10倍の顕微鏡でみても発見がやや困難なものと表示が決まっておりますので)それ以上のものを求める方、より高品質なものを送りたい方に、VS1、VVSクラスをお勧めいたします。
クラリティSI1程ですと、肉眼では確認の難しいごく微細なインクルージョンが含まれる程度のも のですので、実のところクラリティSI1のダイヤとVS1、VVS1等のダイヤを横に並べ て肉眼で比較しても、その違いをほとんど判別することはできません。
クラリティはSI1以上であれば基本的にはOKかと思いますが10倍の顕微鏡で発見が容易というこという言葉が気になる方がよくいらっしゃいますので、高品質と自信をもっていえるVS2以上であればさらに彼女様が喜んでいただけると思います。
(ただ、一生に一度のダイヤのプレゼントの方が多いですので、ダイヤの希少性を重視するならば、より高いクラリティを追求することも重要となって参ります。) SI2以下でも十分というお客様もいらっしゃいますが、見た目で氷砂糖のような印象を受けてしまいますので、当店では高品質というものをお客様にお届けいたしたいので、SI2以下は、お取り扱いしておりません。
基本的なダイヤモンドの4Cがわかったところで選び方はこちら
ダイヤモンドのカラーランクはD、E、F、Gに限定しています。 白色系ダイヤモンドは無色に近い程、高評価がつけられま す。Dカラーを無色、最高の評価とし、少しずつ黄色みを 帯びるに従って、E、F、G、H、I、J、K~~Zカラー と段階的に評価付けがなされてゆきます。無色にどれくら い近いか、離れているかが評価基準とされているのです。 カラーグレードの違いは大変微妙なもの カラーグレードはとても微妙なものですので、 1グレード程の違いを肉眼で判別することは困難です。D、E、Fは、カラー表でも無色と表記しておりますので、DとGを比べるとなんとなくGカラーが黄色くみえます。 希少性にこだわるのであれば高グレードのダイヤモンドがお勧めですが、一般的に美しさを楽しむのであれば、Gカラー程のものでも充分に ご満足頂けるかと思いますがカラーが下がれば下がるほど高品質というものからかけ離れてしまいますので、当社は、Gカラーまでを販売させて頂いております。 また、石枠(ダイヤを留める台座)がゴールドジュエリーでは、台座の色がダイヤモンドに映りこみますので、無色のダイヤをお選びいただいても指輪になってしまうと少し黄色く見えてきますので、ご注意ください。 カラー評価の仕方 カラーグレードはマスターストーン(基準石)と比較し、グレード付けが行われています。 カラー評価は厳密な色の検査となりますので、光源も常に一定している必要があります。 光源としては、北半球の北側の窓からの午前中の光が良いと言われますが、現在ではこの光の条件に 合わせた人工光源の下でカラー評価が行われています。 ファンシーカラーダイヤモンド Zカラー以下のダイヤモンドや、ピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等のファンシーカラー と呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、白色ダイヤとは別の分類評価がなされます。
基本的なダイヤモンドの4Cがわかったところで選び方はこちら
ダイヤモンドの美しさに大きく影響するのがカットです。
10倍ズームルーペ、鑑定士 ダイヤモンド、トリプルエクセレントハートアンドキューピッド   ダイヤモンドのカラーについて(color:色)
トリプルエクセレントのみを取り扱いをしております。どれをお選びになっても安心してきれいな輝きのダイヤモンドをお選びできます。 カットの善し悪しは、輝きの善し悪しにそのまま反映致します。 基本的にはGoodカット程のダイヤであれば充分に美しいものですが、当社は長い歴史の中ダイヤモンドはやはり輝き(カット)には妥協できないものです。 例えどんなにクラリティ(VVSクラスのダイヤモンド)がいいものでもカットが悪くては見た目もダイヤは輝きがなくなります。 美しい輝きを示すダイヤモンドは、ダイヤモンドに入った光の量がより多く反射して表面に戻ってくるようにカットされています。 カットが浅すぎるものや深すぎるものは、光がパビリオンから漏れていたり、正しい角度で反射されなかったりするため、 十分な輝きとなりません。
基本的なダイヤモンドの4Cがわかったところで選び方はこちら
鑑定書は、CGLで鑑定されたレポートが付属しています

ダイヤモンドの概要を表記した鑑別書や鑑定書(グレーディングレポート)

ダイヤモンドプロポーズでは、下記の鑑定機関を中心にお取り扱いしております。(CGLの鑑定書は、必ずつきます。ダイヤモンドによってはGIAの鑑定書のダブルソーティングを行っているダイヤモンドもあります)当社ダイヤモンド鑑定士3人監修のプロットに加え、ご注文のお客様には必ずCGLの鑑定書(当社が厳選したHCが綺麗に見える鑑定書)が付属しますので、ご安心ください。下記の鑑定機関にて、特徴および厳格な基準をもとにお客様へお渡ししております。
さらに、ヴァンモアでは、GIA.G.G.(宝石鑑定士)が常駐していることで、常に徹底した品質管理を行っております。

中央宝石研究所は、国内最大規模の鑑定機関、HRDと提携。
ベルギーに現地鑑定所をもち、HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル:アントワープを初めとするベルギー国内の ダイヤモンド総括団体。
ヨーロッパを代表する鑑定・教育機関でもあり、ヨーロッパ諸国ではアメリカGIAより権威がある。)と提携している。国内で流通する宝石品質ダイヤモンドの大半を 品質分析し、信頼性には定評があります。また、その取り扱い量の多さから、業界標準と言われるまでになっています。
最新鋭機器の導入や新技術に積極的で、現在世界的な普及をみせる ハートアンドキューピット(H&C)を世界で初めてダイヤモンドサブレポートとして添付、 ダイヤモンドスパークレポートの開発等、この分野の先駆的存在。
その信頼のおける鑑定機関でヴァンモアは、長いお付き合いをさせていただいております。
GIAについて
アメリカ、カリフォルニアに本部があり、世界で一番最初にダイヤモンドのグレーディング システムを確立した宝石学の研究機関です。鑑定士を養成する専門学校も併設しています。 →ヴァンモアでは、この鑑定機関を養成する専門学校を卒業した(G.G.)宝石鑑定士が 3人います。 しかし、GIAの鑑定書は、ハート&キューピッドのダイヤモンドでも、 サブレポートはありません。当サイトでは、ハート&キューピットに特化しておりますので、CGLの鑑定書を必ず発行いたしております。
宝石の種類、真偽が分析表示され、対象の宝石が天然宝石か、合成石、模造石なのか、また天然宝石なら人為的処理が施されているか否か等が記載されます。

鑑別書でもっとも大事な箇所は鑑別結果で、他の検 査項目は、鑑別結果を導き出すための過程を述べた ものです。
また、鑑別書は、あくまでも対象宝石の鑑別結果を 表記するためのもので、その宝石の品質を意味する 表現は記載されません。

鑑定書
基本的なダイヤモンドの4Cがわかったところで選び方はこちら